東灘醸造

Azumanada Jyouzou

蔵の歴史

慶応三年(1867年)創業。初代 君塚五郎右衛門。現代表は六代目。
ここ南房総勝浦が育む自然が、豊かで味わい深いお酒造りを授けてくれ、先々代よりこの地で造り酒屋を営んでおります。

造り手

杜氏は中島行一(34歳)。麹づくりを社長が担当。他、勝浦移住組65歳前後の季節スタッフ3名。

今後の目標

産地にこだわらずより良質な酒米により美味い酒を目指す一方、地酒本来の姿である房総のテロワールにこだわった商品も造っていきたいです。

代表商品

東灘、鳴海

周辺環境

全国有数のカツオの水揚げ高を誇る漁業基地・勝浦の酒蔵。
勝浦は平地が少なく、蔵も海岸から200mという環境ながらも山が迫り、
そこから湧出する良質な仕込水が得られている。

蔵概要

東灘醸造株式会社

〒299-5226 千葉県勝浦市串浜1033
TEL/0470-73-5221  FAX/0470-73-5224

HP/www.azumanada.jp