お問合せ
福祝 木戸泉 東灘

蔵の歴史

創業は、享保1年(1716年)です。
「福祝」の名の由来は、古来からおめでたい行事には必ず清酒が愛飲されてきたことから、七福神の「福」をとり、めでたさが重なるようにという意味で命名されました。近年では、全国新酒鑑評会で金賞7回、入賞4回の受賞をいただきました。

造り手

酒造りは、杜氏制度(酒を専門に造る人)を廃止し、兄弟3人で造っており、社長は、母親の藤平恵子、専務は長男の藤平和也、製造責任者は次男の藤平典久、常務は営業兼製造担当の三男の藤平淳三。
こだわりは、原料米は兵庫県産の山田錦をメインにし、他は岡山県産の雄町、滋賀県産渡船、北海道産の彗星、きたしずくといったいろいろな米を使って挑戦しております。酒造りのモットーは、「洗いに始まり、洗いに終わる。」を心がけ原料処理には一番大事な工程として取り組んでおります。

今後の目標

造りに関しては、現在の福祝の酒質のイメージを崩さず、もう少し造石していきたいと思います。そのためには、設備や人的投資をしていく予定です。また、千葉県産の米を使用した酒も造り、農家さんと連携して千葉のイメージを盛り上げていくことも目標です。
販売面は、現在、香港、台湾、韓国、タイとアジアを中心とした輸出をしておりますが、これからヨーロッパ諸国、アメリカ市場にも進出していき、福祝の知名度を上げていきたいと思っております。

代表商品

福祝

綺麗でスムースな飲み口で、上品な香りが柔らかく
旨味とともに楽しめます。
キレもありながらの全体の調和が取れているお酒です。

代表商品

左から 特別純米酒 播州山田錦五割磨き、純米吟醸酒 播州産特A山田錦二割九部、純米大吟醸酒

周辺環境

古くから城下町として栄えてきた千葉県久留里の町は
「久留里の名水」が湧き出る地域として知られています。
この名水を元に、「福祝」は醸されています。
(久留里の名水は、平成の名水百選に選ばれました。)

蔵概要

藤平酒造合資会社

千葉県君津市久留里市場147
TEL/0439-27-2007  FAX/0439-27-3015

直売店
千葉県君津市久留里市場147
(営業時間 9:00 〜 19:00)
TEL/0439-27-2043

蔵の歴史

創業明治12年(1879年)。昭和31年から独自開発した高温山廃仕込みを導入。
以来、日本酒の長期熟成酒と食の多様化に向けた濃厚多酸酒を研究開発。
自然醸造による旨き良き酒をモットーに味わい深く酸に特徴のある日本酒を醸し続けています。

造り手

以前は新潟の越後杜氏が代々造りに携わっていたが
平成25酒造年度からは蔵元兼杜氏の荘司勇人が手掛ける。

今後の目標

高温山廃仕込みのさらなる可能性・進化を求めて
毎年毎年チャレンジ精神をもって造りに向き合います。

代表商品

木戸泉

代表商品

左から 木戸泉 自然米 山田錦 特別純米無濾過生原酒、木戸泉 純米瓶囲い、木戸泉 純米醍醐

周辺環境

房総半島九十九里浜の最南端に位置し、温暖で風光明媚な環境。
初夏には源氏ボタルも飛び交うほど水場のきれいな場所もあり
四季折々の草木や食物も豊富な場所。

蔵概要

木戸泉酒造株式会社

〒298-0004 千葉県いすみ市大原7635-1
TEL/0470-62-0013  FAX/0470-62-3300

HP/www.kidoizumi.jp

蔵の歴史

慶応三年(1867年)創業。初代 君塚五郎右衛門。現代表は六代目。
ここ南房総勝浦が育む自然が、豊かで味わい深いお酒造りを授けてくれ、先々代よりこの地で造り酒屋を営んでおります。

造り手

杜氏は中島行一(34歳)。麹づくりを社長が担当。他、勝浦移住組65歳前後の季節スタッフ3名。

今後の目標

産地にこだわらずより良質な酒米により美味い酒を目指す一方、地酒本来の姿である房総のテロワールにこだわった商品も造っていきたいです。

代表商品

東灘、鳴海

代表商品

左から 鳴海 特別純米五百万石 直詰め生、東灘 大吟醸、鳴海 特別純米酒 ひやおろし

周辺環境

全国有数のカツオの水揚げ高を誇る漁業基地・勝浦の酒蔵。
勝浦は平地が少なく、蔵も海岸から200mという環境ながらも山が迫り、
そこから湧出する良質な仕込水が得られている。

蔵概要

東灘醸造株式会社

〒299-5226 千葉県勝浦市串浜1033
TEL/0470-73-5221  FAX/0470-73-5224

HP/www.azumanada.jp